資格タイトル

助産師

助産師:
出産に関する業務全般で育児指導や赤ちゃんの食事の指導で又は出産の介助や出産前の妊婦さんの相談を行う人であり、助産師の資格を取得した者である。

看護師国家資格に合格又は看護師国家資格の受験資格があり、下記に該当する者である。

・文部科学省令、厚生労働省令の基準に適合し、文部科学大臣における学校で6ヶ月以上助産に関する学科を修めた者又は修業見込みがある者

・文部科学省令、厚生労働省令の基準に適合し、厚生労働大臣における助産師養成所を卒業した者又は卒業する見込みがある者

・外国の助産師学校を卒業し、又は外国で助産師免許を取得した者、厚生労働大臣が助産師としての同等以上の知識・スキルがあると認めた者

 

救急救命士

救急救命士:
救急現場や救急車内で、医師の指示において救急救命処置を施すスペシャリストであり、また救急救命士は厚生労働大臣認定の国家資格であり、通常の救急隊員とは違い、医師の指示において、救急救命措置を行うことができます。


歯科衛生士

歯科衛生士:
歯科予防処置・歯科保健指導・歯科診療補助・介護保険・在宅歯科診療といったことが求められる資格であります。

・文部科学大臣の指定した歯科衛生士学校を卒業した者
・厚生労働大臣の指定した歯科衛生士養成所を卒業した者
・外国の歯科衛生士学校を卒業し、または外国において歯科衛生士免許を得た者であって、厚生労働大臣が上記に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認めた者

上記の項目に該当する者が受験することができる資格であります。

 

作業療法士

作業療法士:
身体または精神に障害がある者に対して、主体的な活動の獲得をはかるため、諸機能の回復や維持および開発を促す作業活動を用いて行う治療・指導・援助などを行う人が持つ資格である。

・文部科学大臣が指定した学校・厚生労働大臣が指定した作業療法士養成施設で3年以上、作業療法士として必要な知識・スキルを修得したもの

・外国の作業療法に関する学校や養成施設を卒業し、又は外国で作業療法士の免許を取得した者で、厚生労働大臣が作業療法士としての知識・スキルがあり、認定を受けたもの

・文部大臣、厚生大臣が指定した学校や施設で、作業療法士に必要な知識やスキルを修業中の者であって、学校又は施設を卒業したもの

上記の項目に該当する者が作業療法士の資格の国家試験を受験することができる。

日本漢字能力検定協会ホームページ

注目サイト

集英社
http://www.shueisha.co.jp/

Last update:2014/12/10